画像でつながるコミュニティ プリ画像

南倉小説1

投稿日:
158 0 3 1

設定はイナGOの初めの頃です!
☆★☆★

俺達 雷門サッカ−部はフィフスセクタ−に逆らいながら、このサッカ−界に革命を起こそうとしていた。

そんな ある日の夜…俺に一通のメ−ルが来た。

『夜遅くに悪いな…今から ちょっと出れるか?大事な話が ある。』

という内容だった。
…俺は嫌な予感が していた。


そしてドアを開け、目の前に見慣れたシルエットが あった。

「こっ、こんばんは…南沢さん…」

…けど俺には何故か うっすら南沢さんの瞳に涙を浮かべているように見えた。
少し心配だったので恐る恐る聞いてみた。
「……どうしたんですか?」

…こんなとこ後輩達に見られたら退かれるだろうなぁ…と ふと思った。
だが そんなこと思ってるのも束の間だった。

「あの、な…倉間。
大事な話ってゆ−のは…」

☆★☆★
続く

3

コメント0件

コメントはまだありません。
あなたが最初のコメントを書きませんか?

コメントやいいねをするにはログインが必要です。
会員登録していないかたは、今すぐ会員登録(無料)してコメントをしよう!

問題を報告
×
この画像を通報します。

ガイドライン違反の不適切内容(卑猥、個人情報掲載など)に対して行ってください。
通報内容は、運営事務局で確認いたします。

ガイドラインを確認したい方はこちら
画像の権利者および代理人の方はこちら

※1画像につき1人1回通報できます。
※いたずらや誹謗中傷を目的とした通報は、
ガイドライン違反としてペナルティとなる場合があります。

問題を報告
×
このコメントを通報します。

ガイドライン違反の不適切内容(卑猥、個人情報掲載など)に対して行ってください。
通報内容は、運営事務局で確認いたします。

ガイドラインを確認したい方はこちら

※1コメントにつき1人1回通報できます。
※いたずらや誹謗中傷を目的とした通報は、
ガイドライン違反としてペナルティとなる場合があります。