松坂桃李、“R-15指定”舞台で新境地「ここまでの濃さの役はもうない」

俳優の松坂桃李が25日、東京・池袋の東京芸術劇場プレイハウスで行われた舞台『娼年』の囲み取材に出席した。【写真】“R-15指定”の舞台で肉体美を披露する松坂桃李同作は、石田衣良氏の長編小説『娼年』、『逝年』を舞台化。普通のフリーターだった男子大学生(松坂)が、友人の紹介でボーイズクラブの経営者である40代半ばの女性(高岡早紀)と出会い、娼夫という仕事を通じてやりがいを見つけてゆく姿を描く。26...