画像でつながるコミュニティ プリ画像

明日もまた会えるよね。 No.10

投稿日:
309 4 8 1

「キルア?」


私は男の子をじっと見るキルアに気付き、小声で声をかけた。

「…」

キルアは何も言わずに男の子の隣までスケボーを滑らせていく。

「ねぇ君いくつ?」

「12歳」

キルアの問いに、男の子はすばやく答える。


12ってことは…私やキルアと同い年…。

見るところ、いたって普通の男の子だ。

それなのに、なんでこの年でハンター試験を受けようと思ったんだろう…。


「サクラ、走れるか?」

「…あっう、うん。大丈夫」

ぼーっと考え事をしていた私はキルアの問いかけに少し反応が遅れながらも、スケボーから降り、男の子の隣を走り出した。


たぶんキルアがスケボーに乗っていたのは私のためでもあったんだと思う。

私は遺伝的に病弱な少数民族の生まれだ。

いくら体を鍛えたとしても、私はちょっとしたことでしょっちゅう熱を出してしまうのだ。

それを言わないのは、キルアの優しさ。

8
問題を報告
×
この画像を通報します。

ガイドライン違反の不適切内容(卑猥、個人情報掲載など)に対して行ってください。
通報内容は、運営事務局で確認いたします。

ガイドラインを確認したい方はこちら
画像の権利者および代理人の方はこちら

※1画像につき1人1回通報できます。
※いたずらや誹謗中傷を目的とした通報は、
ガイドライン違反としてペナルティとなる場合があります。

問題を報告
×
このコメントを通報します。

ガイドライン違反の不適切内容(卑猥、個人情報掲載など)に対して行ってください。
通報内容は、運営事務局で確認いたします。

ガイドラインを確認したい方はこちら

※1コメントにつき1人1回通報できます。
※いたずらや誹謗中傷を目的とした通報は、
ガイドライン違反としてペナルティとなる場合があります。