画像でつながるコミュニティ プリ画像

  • 入道雲にのっての画像 プリ画像

    入道雲にのって

    投稿日:
    728 0 5

    「忘れもの」は、高田敏子さんの詩で、今回は冒頭部分を使わせていただきました。この詩は、楽しかった夏休みが終わってしまうことを、入道雲を使って綺麗に、そして切なく表しています。大人になってしまえば夏が終わることに何の感情も湧かなくなってしまうものですが、まだ幼かったあの頃の、純粋に夏を想う気持ちは忘れたくないものです。夏に対する忘れていた感情を引き起こしてくれる、素晴らしい詩だと思います。

いいね 5件