画像でつながるコミュニティ プリ画像

ワガママLADYにはなれない

投稿日:
768 1 34 1

いつもは〇〇から抱きしめることなんてほとんど無かったため、健人はドキッとした。
〇〇「10年間、あっという間だったね。」
〇〇がSexy Zoneのファンになったのはちょうどデビューしたての頃だった。
健人「そうだな、ほんとにいろんなことがあったよ。嬉しいことも悲しいことも…」
走馬灯のように10年間を思い出す健人。
健人「俺がソロ曲でピアノをミスした時のこと、覚えてる?」
〇〇「そんなことあったっけ?」
〇〇は自分が言ったことをすっかり忘れていた。
健人「お前あの時『中島健人の度胸はそんなちっぽけじゃないはずよ!』って俺に叫んだんだよ。その時正直、すっげぇムカついた。」
〇〇「ごめん…。」
すると〇〇の肩に手を置き、真っ直ぐに見つめた。
健人「でもその時思ったんだ、きっと俺の人生にこの人無しなんてありえないって。直球でそんなこと言ってくれる人、家族とメンバー以外にいなかったからさ。」

34
問題を報告
×
この画像を通報します。

ガイドライン違反の不適切内容(卑猥、個人情報掲載など)に対して行ってください。
通報内容は、運営事務局で確認いたします。

ガイドラインを確認したい方はこちら
画像の権利者および代理人の方はこちら

※1画像につき1人1回通報できます。
※いたずらや誹謗中傷を目的とした通報は、
ガイドライン違反としてペナルティとなる場合があります。

問題を報告
×
このコメントを通報します。

ガイドライン違反の不適切内容(卑猥、個人情報掲載など)に対して行ってください。
通報内容は、運営事務局で確認いたします。

ガイドラインを確認したい方はこちら

※1コメントにつき1人1回通報できます。
※いたずらや誹謗中傷を目的とした通報は、
ガイドライン違反としてペナルティとなる場合があります。