画像でつながるコミュニティ プリ画像

必然.3 │轟焦凍

投稿日:
334 2 20 6



あの日、私を助けてくれた彼とは少しばかり違う
大人になった彼を見て

「ふふ、 また、ですね。」

なんて言って、笑ってみせた


「助けてくれてありがとうございます。

ヒーローショート 。」

もう一度、気を取り直して真正面からお礼を言う。

赤と白の髪も、綺麗なオッドアイの瞳も何一つ変わっていないのにやっぱりそこには大人になった彼がいて、

じんわりと心が暖かくなった。


さっきとは違う暖かさ。

でもこれが何の暖かさなのかはきっと私は知っている気がする。


「ああ。」

雲の隙間から出てきた太陽の光が彼の綺麗な瞳を照らす


──彼は綺麗に そして穏やかに 私に笑った。




fin.

20
問題を報告
×
この画像を通報します。

ガイドライン違反の不適切内容(卑猥、個人情報掲載など)に対して行ってください。
通報内容は、運営事務局で確認いたします。

ガイドラインを確認したい方はこちら
画像の権利者および代理人の方はこちら

※1画像につき1人1回通報できます。
※いたずらや誹謗中傷を目的とした通報は、
ガイドライン違反としてペナルティとなる場合があります。

問題を報告
×
このコメントを通報します。

ガイドライン違反の不適切内容(卑猥、個人情報掲載など)に対して行ってください。
通報内容は、運営事務局で確認いたします。

ガイドラインを確認したい方はこちら

※1コメントにつき1人1回通報できます。
※いたずらや誹謗中傷を目的とした通報は、
ガイドライン違反としてペナルティとなる場合があります。