画像でつながるコミュニティ プリ画像

二十、またひとり

投稿日:
45 0 4 0

少し走ったところで森の中に隣村へ通ずる小さな通り道が現れた。
そこでしおは再び敵と退治する。

「逃げたところで何も変わらないことを悟ったか?」

いい加減諦めろといったように笑う影。


しおは敵を無視をして愛水に耳打ちをする。

「この道をまっすぐ走って。ここは私がなんとかするから」

「えっ!?」

不安そうな愛水に大丈夫だからと言うように頷いてみせる。それでも彼女はふるふると首を振った。

「もう守ってもらうだけなんて嫌です!私だってにお役に立てること、あるんですから!」


「気持ちだけで十分。…それにお前を利用しようとこんな所に来たヤツらなんだろう?そんなやつの前でわざわざその力を見せてやらなくてもいいさ」


愛水の背中を軽く押してやる。それにつられて1歩、そこからだんだんと森の奥に走って行った。

4
問題を報告
×
この画像を通報します。

ガイドライン違反の不適切内容(卑猥、個人情報掲載など)に対して行ってください。
通報内容は、運営事務局で確認いたします。

ガイドラインを確認したい方はこちら
画像の権利者および代理人の方はこちら

※1画像につき1人1回通報できます。
※いたずらや誹謗中傷を目的とした通報は、
ガイドライン違反としてペナルティとなる場合があります。

問題を報告
×
このコメントを通報します。

ガイドライン違反の不適切内容(卑猥、個人情報掲載など)に対して行ってください。
通報内容は、運営事務局で確認いたします。

ガイドラインを確認したい方はこちら

※1コメントにつき1人1回通報できます。
※いたずらや誹謗中傷を目的とした通報は、
ガイドライン違反としてペナルティとなる場合があります。