画像でつながるコミュニティ プリ画像

公式アイコンデートでやってはいけない8つの言動

投稿日:
66 0 0 0

[デートでやってはいけない8つの言動/Photo By Alaskan Dude]

あなたはデートで相手をドン引きさせてしまった経験ありますか?今回はそんな、デートで決してやってはいけない行動の数々をまとめてみました。

1.泥酔し記憶を飛ばす

久しぶりのデートでつい気分が高揚し、お酒をグイグイ。気が付いたら服はぐちゃぐちゃ、顔はぼろぼろな状態で自宅のベッドの上…相手に何をしでかしたか考えると恐ろしいですね。

2.名前を呼び間違える

無意識に元カレ、元カノの名前を呼んでしまったことありませんか?その場の空気の気まずさったらありません。

3.「楽しみにしててね」と期待させてたお店が休み

事前に口コミなどを念入りに調べ、その街一番の高評価なお店をチョイス。お店の名物料理なども一通り説明し「楽しみにしててね♪」などハードルを上げわざわざ出向いたものの、いざ到着してみたらお店の定休日だった経験ありませんか?期待させていただけにがっかりした相手のテンションを復活させるのはなかなか難しいものです。また空腹状態でオープン時間を間違えるのも厳禁ですね。

4.お金が足らず相手に借りる

会計しようとしたらお金が足りないという致命的なミスは決して犯してはなりません。それだけで金銭的な自己管理が出来ていないというレッテルを貼られてしまうため、保険として絶対にカードを財布に入れておきましょう。

5.電話口で家族と喧嘩する

女性に意外にありがちなこの行動。電話の相手が家族だとついつい乱暴な言葉使いで横柄な態度を取ったりと本性が出やすいものです。内容によっては、「この子って普段こんな子なんだ…」と相手を知らず知らずドン引きさせているかもしれません。

6.沈黙が5分以上続く

心地良く自然な沈黙ならともかく、話すネタがないなどデートのつまらなさを象徴するような沈黙状態を作り上げるのは避けたいところ。最初のうちは、映画や遊園地など環境にある程度身を委ねられるようなデートプランのほうが安全なのでは?

7.道に迷ってなかなか目的地へ辿り着けない

一緒に店を探すという協力体制があればいいものの、相手に頼りきっている状況だとそのあたふたした姿につい頼りなさを感じてしまいませんか?また体力の消耗も引き起こすため、一気に空気が重くなります。

8.2択で安いほうを毎回選ぶ

「これどっちがいいかな?」という相手の問いかけに、無意識に毎回安いほうを選択。「この人ケチなのかも…」「なんとなくセコい」など知らず知らずのうちに思われてる可能性大です。

いかがでしたでしょうか?

こういったことは些細なようで、これが引き金となり別れの原因につながることも往々としてあるはず。

自然体な自分を見せることも大事かもしれませんが、最初のうちは相手に不快な思いをさせぬよう気を引き締めて行動することの方が重要かもしれませんね。(モデルプレス)

【関連記事】
他の写真・記事詳細をもっと見る
荒野に咲く一輪の花「紅一点女子」7の生態
思わずキュンとくる可愛い男性7の行動
何故か人を惹きつける「ミステリアス女子」6の実態



提供:モデルプレス

問題を報告
×
この画像を通報します。

ガイドライン違反の不適切内容(卑猥、個人情報掲載など)に対して行ってください。
通報内容は、運営事務局で確認いたします。

ガイドラインを確認したい方はこちら
画像の権利者および代理人の方はこちら

※1画像につき1人1回通報できます。
※いたずらや誹謗中傷を目的とした通報は、
ガイドライン違反としてペナルティとなる場合があります。

問題を報告
×
このコメントを通報します。

ガイドライン違反の不適切内容(卑猥、個人情報掲載など)に対して行ってください。
通報内容は、運営事務局で確認いたします。

ガイドラインを確認したい方はこちら

※1コメントにつき1人1回通報できます。
※いたずらや誹謗中傷を目的とした通報は、
ガイドライン違反としてペナルティとなる場合があります。