画像でつながるコミュニティ プリ画像

公式アイコンモデル水沢エレナ、大人の色気アピール 艷やか浴衣で登場

投稿日:
1499 2 4 1

[「大手町・丸の内・有楽町 打ち水プロジェクト2013」のオープニングイベントに出席した水沢エレナ]

モデルで女優の水沢エレナが26日、皇居とJR東京駅を結ぶ行幸(ぎょうこう)通りで、「大手町・丸の内・有楽町 打ち水プロジェクト2013」のオープニングイベントとなる「丸の内de打ち水」に出席し、オフィス街に涼を運んだ。



今年初めて浴衣を着たという水沢は、艷やか浴衣で大人の色気をアピール。小さい頃、よく浴衣姿で夏祭りに行った思い出を語り、もし夏休みを取ることができるなら、「浴衣が似合う人」といっしょに「夏祭りや花火大会、あと、海にも行きたいです」と笑顔で語った。

2006年から2013年5月まで、水沢は、ファッション誌「Seventeen」や「non-no」で専属モデルとして活躍。この日も、涼しげな浴衣姿で美ボディラインを披露し、井上信治環境副大臣、石川雅巳千代田区長らといっしょに打ち水を行った。「ぜひ、打ち水をして、涼しさを感じ、この暑い夏をいっしょに乗り越えて行きましょう!」とメッセージを送った。

イベントでは、水沢が、歌手デビューへの夢を語る一幕も。今後挑戦してみたいことが話題に挙がると、女優業とファッション関係に加え、「歌を歌うことがすごく好きなので、歌もやってみたいなと密かに思っていました」と明かした。自信のほどは?と問われると、「自信ですか?あります!」ときっぱり。

今年3月末の前事務所との契約終了後、数か月ぶりのイベントとなった水沢は、「また、みなさんの前に出ることができ、うれしいです」と喜びのコメント。今回のイベントが今月から新しく所属となったオスカープロモーションでの初イベントとなり、「今まで以上に、もっと、もっと努力して、色々な私をみなさんにお見せしていきたいので、温かく見守って、応援していただけたら」と現在の心境を語った。

今年で9回目となる「大手町・丸の内・有楽町 打ち水プロジェクト」(2013年は7月26日から8月31日まで)は、環境共生型都市モデルのデザインを示し、日本有数のオフィス街である大手町・丸の内・有楽町地区を再構築するためにつくられた「大丸有 環境ビジョン」に基づく取り組み。ヒートアイランド効果の緩和を目指しながら、住み暮らす人・働く人・訪れた人たちが集い、同地区の夏の風物詩として定着。26日には、丸の内にて「東京丸の内盆踊りまつり2013」が初めて開催された。(モデルプレス)

【関連記事】
他の写真・記事詳細をもっと見る
「non-no」モデル、“くっきり二重”のすっぴん公開
KARAジヨン、撮影秘話に赤面 キスをリクエスト?
桐谷美玲、大政絢ら「緊張した」 イケメンだらけのファッションショーに出演


提供:モデルプレス

4
問題を報告
×
この画像を通報します。

ガイドライン違反の不適切内容(卑猥、個人情報掲載など)に対して行ってください。
通報内容は、運営事務局で確認いたします。

ガイドラインを確認したい方はこちら
画像の権利者および代理人の方はこちら

※1画像につき1人1回通報できます。
※いたずらや誹謗中傷を目的とした通報は、
ガイドライン違反としてペナルティとなる場合があります。

問題を報告
×
このコメントを通報します。

ガイドライン違反の不適切内容(卑猥、個人情報掲載など)に対して行ってください。
通報内容は、運営事務局で確認いたします。

ガイドラインを確認したい方はこちら

※1コメントにつき1人1回通報できます。
※いたずらや誹謗中傷を目的とした通報は、
ガイドライン違反としてペナルティとなる場合があります。