画像でつながるコミュニティ プリ画像

公式アイコン松坂桃李、意外なMっ気を告白

投稿日:
787 0 4 1

[舞台「真田十勇士」制作発表記者会見に出席した松坂桃李]

俳優の松坂桃李が27日、都内にて行われた日本テレビ開局60年特別舞台「真田十勇士」制作発表記者会見に、主演の中村勘九郎ら豪華キャストとともに出席した。

戦国時代を舞台に活躍した忍「真田十勇士」を描く本作にちなみ中村は、「役者はみんな忍のような性質を持ってる気がします。役者は(自分に)厳しいので、マゾしかいない(笑)」とコメント。激しく頷き共感した様子を見せた松坂は、「僕も自分にSだと思います」と意外なMっ気を告白。司会者から「Mということですか?」と確認されると、「そう捉えて貰っていいです」とニヤリと笑った。

同作は、猿飛佐助、霧隠才蔵など戦国時代最後のスターといわれている「真田十勇士」に焦点をあて、十勇士の伝説は何故生まれたのか、真実は何だったのかを描き出す人間ドラマ。日本テレビ開局60年を記念した豪華布陣で、長年語り継がれてきた「真田十勇士」の物語が新たなスペクタクル時代劇として甦る。主演の中村は猿飛佐助を、松坂はそのライバルともいえる忍・霧隠才蔵を演じる。

イベントには松坂、中村のほか、比嘉愛未、福士誠治、中村蒼、高橋光臣、村井良大、鈴木伸之、青木健、駿河太郎、石垣佑磨、加藤和樹、音尾琢真、加藤雅也、真矢みきらキャスト陣、脚本を担当するマキノノゾミ氏、演出の堤幸彦監督も出席した。

今回が時代劇初挑戦となる松坂は、「初の時代劇が舞台でよかったです。脚本のマキノさん、堤監督、豪華なキャストのみなさんとご一緒できて光栄です。座長の勘九郎さんに食らいついていきたいと思います」と意気込み。役柄については、「冷静沈着で頭脳派、一匹狼なので、周りと距離があって、それゆえに疑われやすい。信じていいのか、信じてはいけないのか…ハラハラドキドキさせられる役だと思います」と分析した。

なお、舞台「真田十勇士」は、2014年1月7日より開演。(モデルプレス)

【関連記事】
他の写真・記事詳細をもっと見る
剛力彩芽が大照れ 松坂桃李、綾野剛ら「ガッチャマン」チームの決まりとは?
剛力彩芽の艶やか浴衣姿に松坂桃李興奮「綺麗、素敵」
肺炎休養の松坂桃李、「申し訳なさと悔しさでいっぱい」


提供:モデルプレス

4
問題を報告
×
この画像を通報します。

ガイドライン違反の不適切内容(卑猥、個人情報掲載など)に対して行ってください。
通報内容は、運営事務局で確認いたします。

ガイドラインを確認したい方はこちら
画像の権利者および代理人の方はこちら

※1画像につき1人1回通報できます。
※いたずらや誹謗中傷を目的とした通報は、
ガイドライン違反としてペナルティとなる場合があります。

問題を報告
×
このコメントを通報します。

ガイドライン違反の不適切内容(卑猥、個人情報掲載など)に対して行ってください。
通報内容は、運営事務局で確認いたします。

ガイドラインを確認したい方はこちら

※1コメントにつき1人1回通報できます。
※いたずらや誹謗中傷を目的とした通報は、
ガイドライン違反としてペナルティとなる場合があります。