画像でつながるコミュニティ プリ画像

公式アイコン広末涼子、「精神的にも肉体的にも辛い」

投稿日:
1050 0 4 2

[連続ドラマW「カギのない夢を見る」の第5話で主演を務める広末涼子]

女優の広末涼子が27日、都内で行われた連続ドラマW「カギのない夢を見る」(WOWOW、9月1日より毎週日曜よる10時スタート)の制作発表に女優の倉科カナ、成海璃子、木村多江、高梨臨とともに出席した。



本作は第147回直木賞受賞作・辻村深月「鍵のない夢を見る」をドラマ化したもの。全5話のオムニバス形式で、第1話から放送順に、倉科、鳴海、木村、高梨、広末がそれぞれ主演を務める。

広末は第5話で主演を務め、「子供がいなければ…」と育児から解放されたいと願う主婦・良枝役を熱演。二児の母でもある広末は、「育児は最高に楽しくて、たくさんの喜びと連続の発見。でもその反面、精神的にも肉体的にも辛い部分もあると思います。原作を読みながらそういう部分に共感できた」と明かした。「今回のお話は母親として辛い役でした。でもこのドラマを見て、すべての母親が自分の子どもに愛情を注ぐようになってくれたらと思います」とアピールした。

また、身勝手な男性に引かれる女性を演じた倉科は、「『私じゃないと理解できない』と思う気持ちがわかった。みなさんの目には悲しいラストに映るかもしれません。でも私は演じる中で愛することの幸せさを知りました」と演じた感想を述べた。鳴海はDV男から離れられないフリーター役を演じ、「DVを受けてしまう女性は、殴られた後に『ごめんね』って言われることで、自分の存在意義を見出すのだろうなと感じました」と語った。

周りの目線を気にして、プライドにしがみつく女性を演じた木村は、「女性の本音の怖さを楽しめると思います。男性は、女の人って怖いと思うかもしれません」とコメント。高梨は、幼い頃のトラウマが忘れられない女性という役どころに挑戦し、「私の演じたミチルは、昔のことをいつまでも根にもっていたり、嫌なことを忘れない部分が女性らしいと感じました」と明かした。(モデルプレス)

【関連記事】
他の写真・記事詳細をもっと見る
綾瀬はるか、広末涼子ら豪華女優の秘蔵グラビア放出
広末涼子、共演者が素顔を明かす「キュンキュンしちゃう」
広末涼子、キュートな土佐弁で記者会見


提供:モデルプレス

4
問題を報告
×
この画像を通報します。

ガイドライン違反の不適切内容(卑猥、個人情報掲載など)に対して行ってください。
通報内容は、運営事務局で確認いたします。

ガイドラインを確認したい方はこちら
画像の権利者および代理人の方はこちら

※1画像につき1人1回通報できます。
※いたずらや誹謗中傷を目的とした通報は、
ガイドライン違反としてペナルティとなる場合があります。

問題を報告
×
このコメントを通報します。

ガイドライン違反の不適切内容(卑猥、個人情報掲載など)に対して行ってください。
通報内容は、運営事務局で確認いたします。

ガイドラインを確認したい方はこちら

※1コメントにつき1人1回通報できます。
※いたずらや誹謗中傷を目的とした通報は、
ガイドライン違反としてペナルティとなる場合があります。