画像でつながるコミュニティ プリ画像

公式アイコン大島優子、板野友美が「心配」 卒業公演で最後のメッセージ

投稿日:
844 0 0 0

[卒業した板野友美(右)にメッセージを送った大島優子(左)]

板野友美のAKB48卒業公演が27日、東京・秋葉原のAKB48劇場で行われた。同日放送の「火曜曲!」(TBS系)などでその様子が生中継された。

卒業公演にはサプライズでメンバーが駆けつけ、大島優子、小嶋陽菜、峯岸みなみ、島崎遥香、高橋みなみが、それぞれ板野に最後のメッセージ。それを聞きながら板野は何度も涙を流していた。

大島は、「実はもう4年くらい一緒にチームKをやってました」と切り出し、「シンメで隣でやっていて、ともちんが笑っていると頑張れました。対照的だとは思うけど、一緒に並んでることがすごく嬉しかったです。やっぱりダンスは上手だし、魅せ方は上手だし…私もそれに追いつけるようにと頑張ってました」と思いの丈を語った。

また、「素直に思ってることを口にするから、最初は実は怖い人なのかなって思っていた」と本音を吐露。しかし、深く関わっていくうちに「可愛い人」と印象が変化したという。

その一方で、「でも、卒業すると1人でやらなきゃいけないじゃない?だから、どうやって自分の良さを伝えていけるのかっていうのが心配です」とソロとして活動していく板野の不安点を指摘。「本当は、素直でめっちゃ性格かわいいから、全国の人にそのことを知ってほしい。もっともっと、ともちんの良さを知ってもらって、もっともっと輝いて欲しい」とメッセージを送った。

さらに、「ともちんみたいなカリスマ性は(私には)ないんだよね。私は、持っていないものだから」と彼女の才能を絶賛した大島。この言葉に板野は、「(大島は)いつもパフォーマンスがすごい明るくて、それを見てすごいなって思ってた。どんなにハードなスケジュールのときでも、いつも笑顔で。それを見て、私も頑張らなきゃって思ってました」と返し、最後には熱い抱擁を交わした。

2005年、14歳の時に「AKB48 オープニングメンバーオーディション」に応募し見事合格した板野は、同年12月にAKB48劇場グランドオープンの舞台に立ち、翌年10月にシングル「会いたかった」でデビュー。約8年間グループの中心として活躍し、AKB48の人気を支えてきた。(モデルプレス)

【関連記事】
他の写真・記事詳細をもっと見る
小嶋陽菜、板野友美の卒業で「圧倒的に華が足りなくなる」
卒業の板野友美、妹・ぱるるの言葉に涙
板野友美、AKB48として最後のメッセージ


提供:モデルプレス

問題を報告
×
この画像を通報します。

ガイドライン違反の不適切内容(卑猥、個人情報掲載など)に対して行ってください。
通報内容は、運営事務局で確認いたします。

ガイドラインを確認したい方はこちら
画像の権利者および代理人の方はこちら

※1画像につき1人1回通報できます。
※いたずらや誹謗中傷を目的とした通報は、
ガイドライン違反としてペナルティとなる場合があります。

問題を報告
×
このコメントを通報します。

ガイドライン違反の不適切内容(卑猥、個人情報掲載など)に対して行ってください。
通報内容は、運営事務局で確認いたします。

ガイドラインを確認したい方はこちら

※1コメントにつき1人1回通報できます。
※いたずらや誹謗中傷を目的とした通報は、
ガイドライン違反としてペナルティとなる場合があります。