画像でつながるコミュニティ プリ画像

公式アイコン窪塚洋介、“外道役”のオファー続き嘆く「まっすぐ育ってきたつもり」 監督業にも意欲

投稿日:
1272 0 4 7

[トークショーに出演した窪塚洋介【モデルプレス】]

【モデルプレス】俳優の窪塚洋介が、“外道役”が続いてることについて本音をこぼした。

◆「真逆のこともできるんです」

窪塚は13日、都内にて行われた映画「TOKYO TRIBE」(8月30日公開)のトークショーに叶美香と出席。悪の帝王ブッバ(竹内力)の息子である“ンコイ”役を演じた窪塚。エキセントリックな役柄だが、オファーを受けた際には「こういうの多いなって思いました。まっすぐ育ってきたつもりなんですけど…。社会不適合者って感覚をみんな僕に持たれてるんだろうなって。これはまっとうしよかなって」と本音。「こんな外道な役をやるとは…お母さんごめんね(笑)」と場を笑わせながらも、「でも、真逆のこともできるんです。そっちも待ってるんですけど(オファーが)ないんです(笑)。ラーメンも得意だけどハンバーグも得意なんですって感じ」と主張した。

さらに、「まじめにひたすら生きてきた人間なので、こんな突拍子もない役を…。池袋って聞いたときにまた池袋かよって思いましたけどね(笑)」と、窪塚がカリスマ的な人気を得るきっかけのひとつとなったドラマ「池袋ウエストゲートパーク」(2000年、TBS系)を回顧。客席から「キング―!」と彼の演じた役名を呼ぶ声が飛ぶと、「声おおきいな。マイクより大きいよ(笑)」と返し会場を盛り上げた。

◆監督業にも意欲

また、イベントでは窪塚自らが観客に「何か質問ないですか?」と問いかける場面も。「エキセントリックな役が多いとおっしゃっていましたが、窪塚洋介さんくらいになれば自分で映画を作るって可能だと思う。そういう構想は?」と質問を受けると、「そのうちやりたいなって思ってるけど、一朝一夕にできることではない。でも尻込みしててもしょうがないから、一番いいタイミングで撮りたいなって思ってます。MVとかは撮ってるので、今は修行中って感じ」と今後の展開を予感させた。

同作は、漫画家・井上三太による累計250万部突破のストリートカルチャー・コミックを、映画『愛のむきだし』『冷たい熱帯魚』などで知られる鬼才・園子温監督が実写映画化。様々な族(トライブ)が存在する近未来のトーキョーを舞台に、メラ(鈴木)と海(YOUNG DAIS)らを巻き込んだ壮絶な一大バトルを描く。(modelpress編集部)

【関連記事】
他の写真・記事詳細をもっと見る
小栗旬も氷水チャレンジ 窪塚洋介「男気感じた」
窪塚洋介に共演者怯える「ピリついた空気だった」
窪塚洋介、ジョニー・デップの仮装で恋人と2ショット


提供:モデルプレス

4
問題を報告
×
この画像を通報します。

ガイドライン違反の不適切内容(卑猥、個人情報掲載など)に対して行ってください。
通報内容は、運営事務局で確認いたします。

ガイドラインを確認したい方はこちら
画像の権利者および代理人の方はこちら

※1画像につき1人1回通報できます。
※いたずらや誹謗中傷を目的とした通報は、
ガイドライン違反としてペナルティとなる場合があります。

問題を報告
×
このコメントを通報します。

ガイドライン違反の不適切内容(卑猥、個人情報掲載など)に対して行ってください。
通報内容は、運営事務局で確認いたします。

ガイドラインを確認したい方はこちら

※1コメントにつき1人1回通報できます。
※いたずらや誹謗中傷を目的とした通報は、
ガイドライン違反としてペナルティとなる場合があります。