画像でつながるコミュニティ プリ画像

公式アイコン向井理「流血しました」撮影秘話を明かす 過去の恋愛エピソードも

投稿日:
2741 0 10 6

[撮影秘話を明かした向井理【モデルプレス】]

【モデルプレス】俳優の向井理が、撮影秘話を明かした。

9日、都内にて行われた映画『娚(おとこ)の一生』(2月14日公開)の先行上映イベント&舞台挨拶に出席。同作で豊川悦司と初共演を迎えた向井は、榮倉奈々をめぐるバトルシーンで「あのシーンに全てをかけた」と豪語し「結構怪我をしました。流血しました。…ちょっとかすり傷(笑)」とお茶目に語る一幕も。一方の豊川は「僕は万全の防護体制をしました」といい、笑いを誘った。



また、2人の共演シーンは少なかったようだが、豊川の演技を見て「経験だったり包容力みたいなものは、自分で見せたいと思っても見せられるものではない」と感じた様子。さらに「(演技には)何を考えて生きてきたかっていうのがすごく出るので、革製品を使っているような感じで自分の色が付いてくるっていうのは、見ていてかっこいいなと思いました」と豊川を絶賛した。



◆10代の頃の恋愛エピソード披露



同作は、累計発行部数150万部を誇る西炯子氏のベストセラーコミック「娚(おとこ)の一生」を映画化。東京で辛い恋愛をしていた堂薗つぐみ(榮倉)と、つぐみに好意を抱く大学教授の海江田醇(豊川)が、奇妙な同棲生活の中、次第に愛することに向き合う姿を描いた大人のラブストーリーである。



「恋なので、仕方ありませんでした」という劇中のセリフにちなみ、各々エピソードを披露。向井は「ふざけたほうがいいですか?真面目なのがいいですか?」と冗談交じりに聞きつつ、「10代の頃付き合っていた人がいて、一度フラれたけどすごく好きだったので、『もう一度やり直したい』と言って付き合い直して、また一週間後にフラれました」と切ない過去の恋愛を明かした。



イベントにはこの他、榮倉、安藤サクラ、前野朋哉、落合モトキ、廣木隆一監督が登場した。(modelpress編集部)

【関連リンク】
他の写真・記事詳細をもっと見る
向井理&綾野剛のバースデーを新垣結衣らがサプライズで祝福
向井理、結婚祝福の声に感謝 私生活のこだわりを明かす
広末涼子、向井理の褒め言葉に照れ笑い


提供:モデルプレス

10
問題を報告
×
この画像を通報します。

ガイドライン違反の不適切内容(卑猥、個人情報掲載など)に対して行ってください。
通報内容は、運営事務局で確認いたします。

ガイドラインを確認したい方はこちら
画像の権利者および代理人の方はこちら

※1画像につき1人1回通報できます。
※いたずらや誹謗中傷を目的とした通報は、
ガイドライン違反としてペナルティとなる場合があります。

問題を報告
×
このコメントを通報します。

ガイドライン違反の不適切内容(卑猥、個人情報掲載など)に対して行ってください。
通報内容は、運営事務局で確認いたします。

ガイドラインを確認したい方はこちら

※1コメントにつき1人1回通報できます。
※いたずらや誹謗中傷を目的とした通報は、
ガイドライン違反としてペナルティとなる場合があります。