画像でつながるコミュニティ プリ画像

公式アイコン高梨臨、新ドラマで「花子とアン」中園ミホ氏と再タッグ 本人コメント到着

投稿日:
1185 0 7 0

[ドラマ「Dr.倫太郎(りんたろう)」に出演する高梨臨【モデルプレス】]

【モデルプレス】女優の高梨臨が、4月スタートの日本テレビ系ドラマ「Dr.倫太郎(りんたろう)」(水曜よる10時)に出演し、NHK朝の連続テレビ小説「花子とアン」を手掛けた脚本家・中園ミホ氏と再タッグを組むことがわかった。

堺雅人が約1年半ぶりに連続ドラマ主演をつとめる同作は、精神科医である主人公・倫太郎(堺)が、様々な症状をもつ精神疾患患者たちと向き合い、その心に寄り添うことにより、患者の心を治療していく物語。また主人公自身も心に大きなトラウマを抱えており、患者や他の登場人物との触れ合いの中で自らも克服し成長していく様子が描かれる。



高梨が演じる川上葉子は、慧南大学病院の研修医。倫太郎の著書を読み、ファンとなり、倫太郎を慕って慧南大学病院に入った。倫太郎への想いは、いつしか“憧れ”から“本気の恋”に変化。やがてその気持ちがエスカレートし、とんでもない事件を起こす引き金となる。



高梨は「堺さんをはじめとして、豪華なキャストのみなさんと、このような企画に参加出来ることを本当に嬉しく思います」と喜びをあらわにし「とても緊張しますが、緊張していたら勿体無いと思い、スタッフ、キャストの皆さんから日々学び、そして一緒にこのドラマを素敵な作品に作り上げていきたいと思います。そして、花子とアンでお世話になった脚本家の中園ミホ先生とまたご一緒させていただけてとても嬉しいです」と中園氏との再タッグに意欲。「たくさんの方に見ていただけるように、そして皆さんの期待に応えられるように取り組んでいきたいと思います。このドラマを見て、皆さんが楽しい時間を過ごしていただけたら嬉しいです」と呼びかけている。



演出はドラマ「Mother」「Woman」(日本テレビ)をはじめ、「謝罪の王様」などエンターテインメント映画の監督としても評価の高い水田伸生氏。プロデューサーは同じく「Mother」「デカワンコ」などを手掛けた次屋尚氏が担当する。(modelpress編集部)

【関連リンク】
他の写真・記事詳細をもっと見る
高梨臨、ミニスカナース服で美脚披露も戸惑い「こんな衣装ありえないって言われた」
高梨臨、純白ナース姿を初披露 堀北真希、志田未来らと“無印ナース”に
高梨臨「花子とアン」後初のドラマ主演 「日本の顔」として期待


提供:モデルプレス

7
問題を報告
×
この画像を通報します。

ガイドライン違反の不適切内容(卑猥、個人情報掲載など)に対して行ってください。
通報内容は、運営事務局で確認いたします。

ガイドラインを確認したい方はこちら
画像の権利者および代理人の方はこちら

※1画像につき1人1回通報できます。
※いたずらや誹謗中傷を目的とした通報は、
ガイドライン違反としてペナルティとなる場合があります。

問題を報告
×
このコメントを通報します。

ガイドライン違反の不適切内容(卑猥、個人情報掲載など)に対して行ってください。
通報内容は、運営事務局で確認いたします。

ガイドラインを確認したい方はこちら

※1コメントにつき1人1回通報できます。
※いたずらや誹謗中傷を目的とした通報は、
ガイドライン違反としてペナルティとなる場合があります。