画像でつながるコミュニティ プリ画像

【第14版】VFH-10 オーロラン 操縦区画の開発系統図

投稿日:
28 0 0 0

可変戦闘機「VFH-10 オーロラン」の操縦区画と射出座席のBlock-1.0.Block-1.5からBlock-50までの各々の操縦区画の型を一覧図にしたもの。座席左、手前の“L,M,R”の3本が発動機推力の絞り弁、後方の“L,R”が核融合炉の出力調整弁。
オーロランはエンジンが3基ありますが、核融合炉は左右のエンジンポッドのP&W JG95又はJG96内部に内蔵されている2基の核融合炉に依存します。
3つ目のエンジン ターボ・ユニオン社 ATF-402またはATF-403は左右の核融合炉の出力を配管で分岐して駆動。
それ故、核融合炉の出力調整が左右の2本、発動機のスロットルが3本になります。
座席右の左右に振ることの可能な2本の操縦桿操縦捍は、回転翼形態に於ける翼端の噴流を調節、バトロイド〔人型〕形態では背中のX状のスラスター推力と姿勢制御に用います。

問題を報告
×
この画像を通報します。

ガイドライン違反の不適切内容(卑猥、個人情報掲載など)に対して行ってください。
通報内容は、運営事務局で確認いたします。

ガイドラインを確認したい方はこちら
画像の権利者および代理人の方はこちら

※1画像につき1人1回通報できます。
※いたずらや誹謗中傷を目的とした通報は、
ガイドライン違反としてペナルティとなる場合があります。

問題を報告
×
このコメントを通報します。

ガイドライン違反の不適切内容(卑猥、個人情報掲載など)に対して行ってください。
通報内容は、運営事務局で確認いたします。

ガイドラインを確認したい方はこちら

※1コメントにつき1人1回通報できます。
※いたずらや誹謗中傷を目的とした通報は、
ガイドライン違反としてペナルティとなる場合があります。