画像でつながるコミュニティ プリ画像

東方二次創作!

投稿日:
136 0 4 0

「悔しい思いを、したからね」
妖精は悪戯が好きだがおしゃべりも好きだ。
一日中おしゃべりしても飽きない。レンテも妖精、そのノリで理由を語り始めた。
あっきゅんって人間が本を書いて、その本には幻想郷の有名人や人妖の説明が載っていて妖精についても書かれていると知った。
妖精についての所だけでも読んでみたいと思ったが、仮に本があっても字が読めない。
どうしようかと思っていたら、こんな話も聞いた。
人里外れの古道具屋さんは、本をたくさん持っている。悪戯は嫌いだがジョークは好きだと。
知恵を絞って、出来るだけのジョークを仕掛けた。
毎日一日中時間を掛けて綺麗なお花を摘み、花束にして毎朝、古道具屋の店頭を飾った。
そして一週間目、わざと見つかるのである。
「毎朝の素敵なお花のプレゼントは君だったのかい? 可愛い妖精さん」
古道具屋さんはジョークとして受け取ってくれ、まんまと本の読み聞かせ権を得たのだ。

4
問題を報告
×
この画像を通報します。

ガイドライン違反の不適切内容(卑猥、個人情報掲載など)に対して行ってください。
通報内容は、運営事務局で確認いたします。

ガイドラインを確認したい方はこちら
画像の権利者および代理人の方はこちら

※1画像につき1人1回通報できます。
※いたずらや誹謗中傷を目的とした通報は、
ガイドライン違反としてペナルティとなる場合があります。

問題を報告
×
このコメントを通報します。

ガイドライン違反の不適切内容(卑猥、個人情報掲載など)に対して行ってください。
通報内容は、運営事務局で確認いたします。

ガイドラインを確認したい方はこちら

※1コメントにつき1人1回通報できます。
※いたずらや誹謗中傷を目的とした通報は、
ガイドライン違反としてペナルティとなる場合があります。