画像でつながるコミュニティ プリ画像

だって、 71

投稿日:
1173 3 11 1

___翌日


「あっ、やばっ!!」

時刻は8:15…完全に遅刻寸前

顔とか洗ったり、制服着てたりしたらいきなりインターホンが鳴った。
今日はお父さんもお母さんも早くから仕事に出て、
家には私しかいなかった。

「もう…こんな急いでる時に!!」



若干イライラしながら玄関に向かった。

「なんですか?!ーーー」












紫耀「おはよ」
「紫耀くん…?!」


何故か私の家の前に紫耀くんが立っていた。

「しょ、紫耀くん?!なんでここに?!てか、時間大丈夫なの?!」


私のズレていたメガネをさり気なく直して彼はこういった。

紫耀「時間?あー、今日学校9時からだよ?」
「は…?」



私、普通に間違ってました。







ーーーーーーーーー

こんにちは!まおこです!

小説の最終更新日から20日ほど経ってましたね…
ほんとすみません。
頑張ります!

11
問題を報告
×
この画像を通報します。

ガイドライン違反の不適切内容(卑猥、個人情報掲載など)に対して行ってください。
通報内容は、運営事務局で確認いたします。

ガイドラインを確認したい方はこちら
画像の権利者および代理人の方はこちら

※1画像につき1人1回通報できます。
※いたずらや誹謗中傷を目的とした通報は、
ガイドライン違反としてペナルティとなる場合があります。

問題を報告
×
このコメントを通報します。

ガイドライン違反の不適切内容(卑猥、個人情報掲載など)に対して行ってください。
通報内容は、運営事務局で確認いたします。

ガイドラインを確認したい方はこちら

※1コメントにつき1人1回通報できます。
※いたずらや誹謗中傷を目的とした通報は、
ガイドライン違反としてペナルティとなる場合があります。