画像でつながるコミュニティ プリ画像

だって、 72

投稿日:
1029 0 8 0

「…」
紫耀「…」



き、気まずぅぅぅぅぅぅうぅ!!!!


気まずいよ〜、紫耀くん…

すると…

「…!」

紫耀くんはさりげなく私の手を握った。

私がいくら動揺した顔を紫耀くんにアピールしても、
全然動じない。むしろ、「なにか?」とでも言いそうな
レベルで澄ましてる。

それにしても、このまま学校行って、北斗くんにこの手を見られたら何か誤解を与えてしまうんじゃない?
突然そんな考えが浮かんできて、急に焦り出す私。

北斗くんの彼女の身である分、北斗くんを裏切るようなことは絶対にしたくない。
だから、私は正直に言うことにした。

「しょ、紫耀くん!あのn…」
紫耀「離さないよ、絶対。僕は離す気なんてさらさらないから。」



がっ…がっ…う、嘘でしょ…そんなことある…?
勢いよく手を振り払おうとしても、昔から筋肉質な紫耀くんの力に勝とうなんて無駄がすぎた。


8
問題を報告
×
この画像を通報します。

ガイドライン違反の不適切内容(卑猥、個人情報掲載など)に対して行ってください。
通報内容は、運営事務局で確認いたします。

ガイドラインを確認したい方はこちら
画像の権利者および代理人の方はこちら

※1画像につき1人1回通報できます。
※いたずらや誹謗中傷を目的とした通報は、
ガイドライン違反としてペナルティとなる場合があります。

問題を報告
×
このコメントを通報します。

ガイドライン違反の不適切内容(卑猥、個人情報掲載など)に対して行ってください。
通報内容は、運営事務局で確認いたします。

ガイドラインを確認したい方はこちら

※1コメントにつき1人1回通報できます。
※いたずらや誹謗中傷を目的とした通報は、
ガイドライン違反としてペナルティとなる場合があります。